Header Background Image

    Gravitynovels

    A World Beyond / So We Are Told
    We have Changed the website, so if you face any bugs and error , do tell in discord.

    政務の勉強や引き継ぎ、魔術や武術の訓練に明け暮れながらも、雪那を饕餮城に迎え入れる準備を進めて二か月。ようやく雪那を迎えに行く目途が立った。
    この二か月の間は、前世を含めても最も多忙な時期だったが、雪那との同棲生活からの結婚が待っているのだと思うと、何の苦にも思わなかった……皇帝との謁見の時も感じたが、これが愛の力って奴なのか。

    「皇族や雪那殿下への敬意を示す為、婚約者である俺自らお迎えに行く。それまでの間、領地の事は任せるぞ、重文」
    「承知いたしました。どうか、道中お気をつけて」

    そしてあれよあれよとやって来た、首都にいる雪那を迎えに出発する当日。
    首都にある華衆院家の別邸に居を移した雪那とは、この二か月の間頻繁に手紙のやり取りもしているし、忌み子の迷信を信じない信頼できる人間や、着物や装飾品と言った送り物を寄こして不便はさせていない。送迎用の四方輿も、別邸の方で既に準備が出来ているし、道中を警護する兵士たちの編成できている。迎えに行く準備は万全……!

    「それでは、出発するぞ!」
    『『『おうっ!!』』』

    俺と一緒に雪那を迎えに行く護衛兵たちに号令を飛ばし、俺たちは首都に向かって進み始めた。
    華衆院領に住む民たちも、この二か月の間で知らされた皇族の輿入れの話題に沸いているみたいで、街の大通りを進む俺たちを眺め、見送っている。

    「……遂に、遂にこの時が来た……!」

    今すぐ馬を全力で飛ばして走り出したくなるような気持ちを必死に抑えながら、俺は晴れやかな気持ちで街道の先を見据える。
    二か月前にも同じ道を通って首都に向かったはずなのに、この道の先に雪那がいると思うと、道中の景色が全く違って見えるんだから、人間って奴は勝手な生き物だ。
    何ていうかね、世界の全てが輝いて見えるんだよ。もう未来に希望しか見えない。そんな俺の様子を見ていた重文からは「頭がパーになっちゃったんですか?」と言いたげな、実に失礼な視線を向けられもしたもんだが、それすらどうでもよくなるくらい俺の機嫌はよかった。

    (今のこの道は、俺の恋を成就させるための第一歩……目に見える恋路って奴か)

    正直な話、俺の冷静な部分は、この二か月間の俺を客観的に振り返って「IQ下がったな」って自覚してるんだけど、それすらどうでも良い。
    そんな事よりも、雪那を無事に華衆院領まで連れてきたら何をしようかという方が重要だ。事前の下調べによって、大抵の女が喜ぶようなことはある程度把握してるんだが、生まれも育ちも特殊な雪那が〝大抵の女〟の枠組みにいるかどうかが疑問だ。
    (やるなら雪那が喜ぶことをしてやりてぇ……前は時間が押してて碌に話すことが出来なかったから、まずはお互いの事を知るところから始めるべきだな)

    饕餮城で一番雰囲気の良い部屋で、互いに向かい合って座りながらゆっくり茶菓子でも食べて……いや、それだと味気ないか?
    華衆院領に到着したばかりの時なら疲れてるだろうし、城でゆっくりと語らう方が良いだろう。しかし環境の変化に慣れてきたら、大和帝国でも五本の指に入る大都市の華衆院領を一緒に漫遊……すなわち、デートをしながらお互いの事を知っていくのもありかもしれん。
    (雪那の事で知りたいことは山ほどあるし、俺の事を知ってほしい。そして楽しいと思えることを共有したいとも思う)

    前世を含めて今まで一度も経験したことはないが、恋愛の本質っていうのは案外そういうものなのかもしれん。
    そんな風に希望に溢れる未来に想いを馳せながら馬を走らせていると、生木を圧し折るような音と一緒に、ズンズンという地響きが連続で響いてきた。そしてその音はどんどん俺たちに向かって近づいてくる。

    「よ、妖魔だあああああっ!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    俺の恋路を邪魔しに道を塞ぎにくるなんて、神や仏でも許されない蛮行だ……!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    (こいつら……! 俺の恋路を(物理で)邪魔する気か!?)

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    俺の恋路を邪魔しに道を塞ぎにくるなんて、神や仏でも許されない蛮行だ……!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「よ、妖魔だあああああっ!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    俺の恋路を邪魔しに道を塞ぎにくるなんて、神や仏でも許されない蛮行だ……!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    (こいつら……! 俺の恋路を(物理で)邪魔する気か!?)

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    俺の恋路を邪魔しに道を塞ぎにくるなんて、神や仏でも許されない蛮行だ……!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「國久様、ここは我々が!」
    「いいや、下がるのはお前らだ」

    前に出ようとする兵士たちを下がらせて、俺は馬から降りて赤鬼と青鬼の前に進み出る。
    この手の人型の妖魔は知能が高く、感情表現が豊かだ。これから俺たちをどうしてやろうかと想像しているのか、二体の鬼はニヤニヤと笑いながらにじり寄ってくるが、俺は全く怯む気になれなかった。

    (こいつら……! 俺の恋路を(物理で)邪魔する気か!?)

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「貴様ら許さん……! 許さんぞぉおおおおおおおおおおっ!!」

    そう思うと、とめどない苛立ちが全身を支配する。せっかく新生活に想いを馳せてウキウキした気持ちに浸っていたのに台無しじゃないか!

    「グ……グォオオオオオオオオオオオッ!!」
    「っ!?」
    「な、何という気迫だ……!」
    「これが十三歳が放つ殺気だというのか……!」

    自分よりも矮小な存在と見下していた人間に怯んだ自分が許せなかったのか、鬼どもは躊躇いを振り切るように俺に襲い掛かってる。赤だの青だの色違いがあるが、鬼と呼ばれる妖魔はどいつも岩を素手で砕けるほど怪力だ。人間など、撫でられただけで首骨が折れる。

    俺はそんな化け物相手にただの感情任せで前に出てきたわけではない。頭の冷静な部分で判断し、本当に魔術の練習台に使ってやろうと思った。だから兵士たちを下がらせたんだ。

    「まずは離れろ。体臭がキツいんだよ!」

    走って近づいてくる二体の鬼に対し、俺は地属性魔術で地面から岩の柱を二本突き出す。
    斜め上に向かって地面から突き出される太い岩の棒は、地面に固定された柱も同然だ。それに向かって自ら全速力で突っ込む形になった鬼どもの胴体に、岩の柱の先端が的確に直撃。走る勢いも加算され、二体の鬼は揃って背中から地面に転がることになった。

    「まずは赤いの! お前からだ!」

    その隙を見逃さず、俺は自身の身長と変わらない大きさの大岩を四つほど地面から生み出し、それらを煌々と燃え盛る炎で包み込む。

    たかだか二体の鬼相手にこんなことをやっている自分が哀れに思えてきたが、まぁ、これで俺の愛が燃え上がるんだ。というか実際炎が持つエネルギーは大きいので、綺麗な焔を見ながら天高く息を吸い込む俺の魂も・・・って何言ってんだろう。

    俺の攻撃によって敗北した鬼は地中に沈むものの、いずれ掘り起こされるだろう。地獄に落ちろーと言いたいところだが、そうはいわざるを得ない感もあるのが….ま、でもとりあえず倒せたし、それで良かったのか、いや、それだけじゃ条件が足りないな、俺の恋路には。

    ✧˚·̩̩̥͙˚̩̥̩̥·̩̩̥͙✧·̩̩̥͙˚̩̥̩̥˚·̩̩̥͙✧ 𝑔𝓇𝒶𝓋𝒾𝓉𝓎𝓃𝑜𝓋𝑒𝓁𝓈 ✧˚·̩̩̥͙˚̩̥̩̥·̩̩̥͙✧·̩̩̥͙˚̩̥̩̥˚·̩̩̥͙✧

    0 Comments

    Enter your details or log in with:
    Heads up! Your comment will be invisible to other guests and subscribers (except for replies), including you after a grace period. But if you submit an email address and toggle the bell icon, you will be sent replies until you cancel.